0から。

「0から。」は自分で0からWEBで知って学び、毎日の暮らしを向上させるブラッシュアップメディア

SEO対策

0からできるSEO対策。今1番上がりやすい初心者でもできるSEO対策はコレ

投稿日:2018年11月6日 更新日:

様々なSEO対策の話題がありますよね?インターネットでお金を稼ごうとした場合、1番重要で稼げる手法がSEO対策です。勿論、PPC広告などお金をかけてプロモーションをする人もいるでしょう。ですが、初心者のうちからお金をかけて広告は非常に危険です。先にお金が必要ない、SEO対策して多少稼げるようになったらプロモーションも勉強していきましょう。

ここでは0からするべき初心者から始めるSEO対策のノウハウを「ゼロから」の1つ目の記事として書きたいと思います。

SEO対策とは

SEO対策とは検索エンジンで上位表示する為に、サイトや記事に施す対策のことです。ここではSEOの意味やどういった感じでSEO対策が変化してきたのかを解説しようと思います。

一般的なSEOの意味

この記事を読んでいるということはもうご存知の人も多いと思います。ググれば1発で出てくる内容なので簡単にSEOという言葉の意味を。

SEO(Search Engine Optimization)とは

SEOは英語でSearch Engine Optimizationと言い、直訳すると「検索エンジン最適化」です。検索エンジンのオーガニックの検索結果(次の図の部分)において自分のサイトが上位に表示されるよう、サイトの中(内部施工)や外(外部施工)に対策を行い、検索エンジンのオーガニックの検索にて1位、2位などに表示します。このようにSEOをする為の対策をSEO対策と言い、SEO対策はWEBマーケティングにおいて第一歩であり、1番重要なセクターです。

追記を書くと、マーケティングにおいてのSEO対策の1番の魅力は、費用対効果です。後述しますが、昔と違い、今はほぼ1万円以下でSEO対策をして狙ったキーワードやお金になるキーワードにて上位表示できれば、アフィリエイト等でお金を稼ぐことができちゃいます。1か月で1万円なら1年で12万円。税などを勘案しなければ11万円の粗利です。働き方改革において副業をされる方も多いと思いますが、WEBで稼ぐならSEO対策は是非とも手に入れておきたいスキルだと思います。

SEO対策はGoogleの大変動の度に変化する

SEO対策において絶対に覚えておきたいある種のイベントがあります。それが大変動(アルゴリズム変動)です。今の検索エンジンはGoogleがほとんどです。昔はYahoo!japanなども独自の検索エンジンにてアルゴリズムを作っていましたが、開発をやめて、現状はほぼGoogleです。

Googleのアルゴリズムは日々変化します。これが大きく変わるような変動時に○○アップデートと呼ばれるイベントがあり、これが起こると検索エンジンの順位が大幅に変わります。

今までの主なGoogleのアップデート一覧

  • パンダアップデート(2011年2月)
  • ベニスアップデート(2015年1月)
  • ペンギンアップデート(2016)
  • クオリティアップデート(2015年)
  • モバイルフレンドリーアップデート(2015年)
  • インタースティシャルアップデート(2015年)
  • 日本語検索アップデート(2017年)
  • 健康アップデート(2017年)
  • コアリズムアップデート(2018年)

昨今であればほぼ毎年必ず大きいアップデートが起こるといっても過言ではありません。こういったアップデートが起こる度にSEO対策の手法が変わります。

特に反動が大きい場合、前回まで有効だったハズのSEOが全く通用しなくなり、全業者共通で新しいSEOに取り組み、新たなSEO対策の手法が生まれる。これを繰り返しているのが、Googleという検索エンジンの検索結果です。

今やるべきSEO対策

前述したようにアップデートが起こる度にSEO対策の手法は変わります。有名なアップデートで、ペンギンアップデートなどが起こった際、被リンクにてSEO対策をしていた所謂、ブラック手法を使っていたアフィリエイターは苦しみました。その後新しいやり方が確立され、その後、またアップデートで変わる。これを繰り返している為、1つの手法でいつまで続くかはわかりません。

ですので、いつまで持つかはわかりませんが、今(※2018年11月現在)上げるための手法を記載します。noteなどでSEO対策の商材が多く販売されていますが、それとは一線を画せるように書いていきます。

まずSEO対策をするキーワードを選ぼう

まず、キーワードを選びましょう。勿論、なんでもいいです。最初は稼げる?稼げない?を考えず、まず狙ったキーワードにて上位表示できるようにした方が、最短で稼げます。

例えば「ゼロから」では「SEO対策」のキーワードで記事を書いています。1番最初の記事がなぜSEO対策なのか?

答えは簡単で、自分が1番書きやすいからです。あくまで初心者向けなので、初心者の方は最初は書きやすいテーマで良いと思います。

当記事にてSEO対策系のキーワードは狙ってはいませんが、いずれ当サイトにもSEO対策で狙うキーワードにて記事を書きますので、そちらは実践編として後日記述します。

例えば元々○○で働いていたのなら、○○の会社名や業務内容で良いと思います。また、●●が好き!ということでもOKです。とりあえず漠然としたキーワードを選んでください。ここでは例として「SEO対策」を選んだことにしておきます。

これがSEO的な言葉でメインキーワードです。できればアフィリエイターなどの競合がいなそうな自分が強みを持てるキーワードを選びましょう。メインを選んだら次に進みましょう。

自分のサイトを作ろう

サイトを作ります。サイト作成に関しては、「0からできるサイト作成」を参考にして下さい。ただし、このサイトはなんでもいいです。無料のブログサービスでもOKですし、上記記事にてあるようなWPを利用したものでも可です。

ここでサイトの原型を作ったら、1つポイントがあります。

SEOで上位を下層ページ(要は記事)で狙うのか?TOPページで狙うのか?

これを決めましょう。初心者用なので、ここでは下層ページで狙うようにしたいと思います。TOPページよりも下層ページに方が今はラクです。そして下層で狙う場合は、当サイトもそうですが、サイト名はなんでも良いです。変にキーワードを入れる必要もないです。強いて上げるなら長すぎない方が良いと思います。

SEO対策仕様のサイトにしよう

一概に仕様は今は決まってませんが、基本的なことをやっておきましょう!という意味です。例えば、サイトをWPで作った場合、そのWPサイトにしておいた方がいいことが何点かあります。

ワードプレスサイトでSEO対策用にしておいた方が良いコト

  • 記事のパーマリンク設定
  • PING送信先を設定
  • Googleに対する諸々の設定

このあたりを設定したら、メインキーワードから「最初にあげていくべきキーワード」を選びます。

3キーワード以上の複合キーワードを選ぶ

ココが昔と今のSEO対策との違いです。昔はイキナリビッグキーワード、選んだメインキーワードを狙う手法でしたが、今それをやると時間と費用がかかります。であれば、初心者の方でも簡単にできるように、2~3キーワードくらいを合わせた、複合キーワードを最初に狙います。効果が目に見えてわかるので、できる限り細分化した方がいいです。ただし、4、5と増えれば増えるほど当然ですが、アクセスはないです。ですので3キーワード程度で狙いましょう。

複合キーワードを狙う場合、サジェストツールを使うと便利です。種類がたくさんあるので好きなサジェストツールを使ってみてください。

ここではhttps://kouho.jp/さんを使ってみたいと思います。

SEO対策で調べると432個のサジェスト(要は複合キーワード)がでてきます。ここにできれば、Googleのアドワーズ広告の検索数を調べるツールで検索数を調べた方がいいのですが、最初なのでとりあえずそれっぽいキーワードを選びましょう。最初に選ぶ複合キーワードは大体30個くらいです。これはそのまま記事数に直結しますので、最低でも10個以上は選びましょう。

30個選んだら、そのキーワードに対して、記事を書いていきます。当サイトで選ぶなら。「seo対策 内部施策」「seo対策 会社 おすすめ」などでしょうか。※3個でシックリこない場合は2個の複合キーワードでも構いません。

選んだサジェストキーワードで記事を書く。特に題名に注意

選んだキーワードで記事を書きます。その際、下記に注意しながら書きましょう。

SEO対策を意識した記事の書き方

  • タイトルは独創的なものを。他にない感じがベター
  • 1記事あたりの文字数は2000文字以上
  • h2、h3タグにて目次を生成する
  • 文中に画像を挿入。アイキャッチ含め1つの記事で2個以上

このあたりですね。例えばですが、「seo対策 内部施策」で検索を見た時に、他と被らないキーワードがベターです。基本的には独創的なタイトルが多いと思います。オリジナリティを出していきましょう。

「SEO対策の内部施工とは?読んで実践、SEO内部施工のうはう2018」

みたいなタイトルですね。これは後日、本気で記事を書いてみたいと思います。それの経過も楽しみにしていてください。記事の模範例として参考までに。

ページをインデックスをさせて順位をチェック

上記にて記事を書き終えたら、1つやらなければならないことがフェッチという作業です。これはGoogleに対し、サイトや記事をできるだけ早く認識(インデックスと言います。)させる為に必要な作業ですので必ずやりましょう。

Googleサーチコンソールから記事をフェッチします。フェッチのやり方は下記をご確認下さい。

【最新版】Googleサーチコンソールの使い方。フェッチの方法が変わりました。

順位を見ながら記事への追記と被リンクを追加

最後に自分の記事がどの位置にインデックスされたかを確認しましょう。ここで1つの指標があります。

2キーワードの複合なら、100位以内。3キーワードの複合なら、50位以内

メインで選んだキーワードにもよりますが、大体この位置に出てくると思います。この位置に出てこない場合、相当キーワードが難易度が高い。もしくは記事がダメってお話です。コピペなどしてませんか?ちゃんとオリジナル性をもった記事ですか?それらを確認しましょう。今書いている記事もある程度出てくると思います。

また。ここで出てきたとしても1週間くらい待ってみてもいいかもしれません。とにかく記事を書いて検索下位でいいので、サイトがインデックスされるように頑張りましょう。

インデックスされたら、記事の順位を確認した後、どんどん記事を膨らませて1000文字程度ずつ追記していきましょう。そしてフェッチ。これを繰り返します。3語でもいいです。とにかくSEO対策にて狙ったキーワードで1位を取れるよう上記を繰り返します。1位が取れた時、SEO対策の手法がわかった!という流れになります。

そして、先ほどでたサーチコンソールから、検索クエリの確認をして、さらに上位表示を目指していきましょう。それらが終わり次第、最後のメインキーワードのSEO対策になります。そちらはまた次の記事で書こうと思います。

さらに、被リンクを入れましょう。中古ドメインを買ってバックリンクサイトを構築などの中級のSEO対策は今は要りません。ツイッターやインスタグラム、youtubeや無料ブログで構いません。サイトのアカウント用にSNS。さらに適当でいいので、はてなやぺらいちなどの無料サービスから貴方のサイトにリンクを出すだけで十分です。それが被リンクになりますよ。

0からのSEO対策のまとめ

小さいキーワードでSEO対策をして狙って上位をまずは取りましょう。それが出来ないと、稼げるキーワードを選んでSEO対策でサイトを上位表示し、アフィリエイトなどで稼ぐことは夢のまた夢です。もちろん中古ドメインの活用なども私はしていますが、それは初心者の域を抜けてからです。

小さいキーワードじゃ意味がないと言われる可能性もありますが、稼いでる人はこの基本的な流れを外注化したり、少しアレンジしているだけに過ぎません。最近のトレンドアフィリエイトなんてその頂点です。とにかく小さいキーワードからアクセスを拾いに行き、そのチャレンジ回数がケタ違いです。ただ、みんなやってることは一緒ですよ?

そのことを理解した上で、初心者としての第一歩のSEO対策をしてみてください。もしわからないことや疑問などありましたら、お問い合せからご相談下さい。無料でお答えします。(ただし、質問としてこういうのがあった!などのサイトの素材としては活用させて頂きますので、ご了承下さい。)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
0から編集長

0から。編集長

0から。編集長。元々はアフィリエイトにて法人経営。現在はとある企業に属し「0から。」では自分が考えるSEO対策を実戦中。様々なことを思案の上、「0から。」というブラッシュアップメディアを立ち上げました。

-SEO対策

Copyright© 0から。 , 2018 All Rights Reserved.